とりあえずニュース速報

2ちゃんねるscのニュース速報板をまとめています

    海外ニュース

    1: ビッグブーツ(東日本)@\(^o^)/ 2016/03/27(日) 16:51:36.21 ID:/jhqcaYi0.net BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/u_giko_ebi.gif
    2013年10月に「和食」が世界無形文化遺産に登録されてから2年半が経とうとしている。
    現在、世界的に日本食レストランの数が急増中だ。
    農林水産省の調べでは、2006年に2万4000店だったのが、2013年までの7年間で5万5000店まで伸びてはいた。だがそれから2年経った2015年には8万9000店。
    この2年で60%以上という急激な伸びだ。

    アフリカのセネガルには「からあげ弁当」や「とんかつ弁当」などを出す店があるし、オーストラリアで人気の炭火焼肉店では七輪での焼肉を楽しむことができる。
    価格もこなれてきて、日本人駐在員だけでなく、現地の住民にも受け入れられるようになってきたという。

    ヨーロッパ(1.9倍)やアジア(1.7倍)、北米(1.5倍)の伸びも堅調だ

    現在、「和食」の象徴的存在である寿司や、世界中でブレイク中のラーメンに続く存在と目されているのが、うどんだ。
    「丸亀製麺」は、中国や台湾、韓国やベトナムなどアジア圏のほか、ロシア、オーストラリアなどにも店舗を展開。世界12の国と地域に136店舗を展開している。
    「日本国内も含めた全店舗中売上第一位」と話題になったハワイのワイキキ店では、日本人観光客が口々に「ハワイで見た、一番長い行列は丸亀製麺だった!」と驚くほど長蛇の列をなしている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160327-00000010-pseven-life

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1459065096/
      【日本のうどん店が世界を席巻!丸亀製麺はハワイで大行列も!】の続きを読む

    1: 張り手(家)@\(^o^)/ 2016/03/26(土) 17:10:52.13 ID:43TgFIXU0.net BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    グーグルマップにミス、解体業者に自宅壊される 米
    http://www.cnn.co.jp/tech/35080185.html

    米テキサス州で昨年、竜巻により自宅が損壊する被害に遭った女性が、今度は解体業者に誤って自宅を完全に破壊される憂き目に遭っていたことが26日までに分かった。
    解体業者は米検索大手グーグルの地図サービス「グーグルマップ」を使い誤った住所に誘導されていた。

    解体予定の住宅があったのはテキサス州ローレットのクストー通りだったが、グーグルマップは
    1区画離れたカリプソ通りの女性の自宅に作業チームを案内した。
    女性によると、解体業者は住宅の番地や角地の立地、竜巻による損傷を確認していたが、通りの名称の確認を怠っていたという。

    女性はCNNMoneyの取材に、「(グーグルマップの)ミスで家を失った」と話した。

    グーグル社は電子メールでグーグルマップの誤りを認めた。原因を調査中としている。
    同社の広報担当者によると、今回の2軒の住所はグーグルマップ上で同一の場所(7601カリプソ通り)に表示されていたという。
    報告を受けてすぐにこれを修正したとしている。

    グーグルマップは衛星からの情報と空や地上から撮影した画像やデータを組み合わせ、地図を表示。
    修正リクエストを受け付けるなどして地図を最新の状態に保っている。

    ただ、解体する家を間違えるのとパーティーに行く家を間違えるのは大きな違いだ。
    地図技術よりも業者の確認不足が問題だったとみられる。女性は解体業者の経営者夫妻と会い、謝罪を受けたと語った。

    解体予定だった住宅も近く取り壊されるという。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458979852/

      【解体業者が誤って別な家を破壊!原因はGoogleMapの誤記】の続きを読む

    1: リキラリアット(四国地方)@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 09:27:48.08 ID:ncTefQhG0.net BE:284465795-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/nova.gif
    大人向けの塗り絵のブームによって、世界的に色えんぴつが品薄になっています。
    no title

    世界最大手のえんぴつメーカー、ファーバーカステルは生産を増やしていますが、世界的な需要の拡大で、供給が追いついていません。
    大人の塗り絵ブームの火付け役は、スコットランドのイラストレーター、ジョハンナ・バスフォード(32歳)です。
    サンデー・テレグラフがジョハンナにブームのきっかけについて取材をしました。
    ジョハンナによると、5年前にアイデアを出版社に打ち明けたとき、出版社はあまり乗り気ではなかったそうです。
    ジョハンナは元々、香水やシャンパンブランド向けのイラストレーターとして働いていました。
    白黒のイラストを手掛けていたジョハンナは、あるときクライアントに「家に持って帰って塗り絵したいよ」と言われたことで企画のヒントを得ます。
    出版社から子供向けの塗り絵を依頼されたとき、ジョハンナは大人向けの塗り絵もやってみたいと提案しました。
    最初は乗り気ではなかった出版社ですが、最終的に企画にゴーを出し、13,000部出版したところ、数週間で完売したのです。
    no title

    http://www.illpost.top/57066682.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458865668/
      【塗り絵がブームの影響で世界的に色鉛筆が品薄に!?】の続きを読む

    1: ランサルセ(四国地方)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 21:06:29.02 ID:TB+3J1CM0.net BE:284465795-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/nova.gif
    アメリカ、東部ニューオリンズにてファーストフード・レストランで就職面接を受けていたティーンエイジャーが強盗を捕まえる騒ぎがありました。
    勇敢なデビン・ワシントン(Devin Washington)は18歳。強盗が店舗に来た際面接中だった彼は、強盗が現金を持って出ていこうとしたのを抱きかかえて止め、捕まえました。
    警察によると、犯人の男性はパブロ・シスカート(Pablo Ciscart)50歳で強盗容疑で逮捕されたとのことです。
    no title

    no title

    http://www.illpost.top/57063919.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458821189/
      【面接中に押し入ってきた強盗を10代の少年が取り押さえる!】の続きを読む

    1: ダイビングエルボードロップ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 09:35:24.91 ID:kRylr2450.net BE:532994879-PLT(13559) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/syobo2.gif
    インドで農民の自殺が増えている。原因は「遺伝子組み換えワタ」!?

    私たちが着るコットン製品の原料であるワタ。
    その一大産地のインドで、’00年代初頭に「遺伝子組み換えワタ」の栽培が始まった。
    「害虫に強く収量が増える」として、今やインドのワタの栽培面積の9割を占めている。
    ところが、この種子や農薬の購入に多額の借金を抱えた農民が相次いで自殺しているという。

    ◆耐性害虫出現で農薬使用量が増加?

    遺伝子組み換えワタは、殺虫タンパク質の名前の頭文字から「Btワタ」と呼ばれる。
    殺虫タンパク質を生成する遺伝子が組み込まれており、ワタを食べた害虫が死ぬ仕組みだ。

    Btワタ種子の供給元のひとつ、モンサント社はウェブサイトで「’04年にインドのワタ生産者を対象に実施した調査では、(Btワタを栽培した農家で)従来品種のワタの栽培を行った農業生産者に比べて収益が118%増加しています」「収量が64%増加し、殺虫剤散布にかかるコストが25%減少したことも示されています」としている。

    米国ミズーリ州に本社を置くモンサント社は、遺伝子組み換え作物の世界シェア9割を誇る世界的大企業。
    農薬メーカーとしても有名で、ベトナム戦争で散布された枯れ葉剤の製造メーカーでもある。

    これに対して「遺伝子組み換えワタは、栽培を始めてから数年は大きな利益を得られますが、その効果は年を追うごとに減っていきます」と指摘するのは、「市民バイオテクノロジー情報室」代表の天笠啓祐氏。

    「モンサント社は、種子とそれに合わせた農薬を販売しています。最初は高い害虫抵抗性を示すため、農薬を使う量や回数が劇的に減り、コストダウンとなります。
    ところが、やがて殺虫タンパク質への耐性を獲得した害虫が増え、段々とその効果が薄れてきます。そのために使う農薬が再び増えるので、結局は負担が増えることになってしまうのです」

    また、農薬の吸引による被害も広がっているという。

    「Btワタの栽培で広く使われる農薬に、有機リン系の農薬があります。耐性を獲得した害虫に対処するためにどんどん増えていく農薬が、農民の身体も蝕んでいく。
    インドの多くの農家は貧しく、ゴーグルや防護服を買う余裕もありません」(天笠氏)

    以下ソース
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160324-01055986-sspa-soci

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458779724/
      【【悲報】インドで農民の自殺が増加・・・その原因とは】の続きを読む

    このページのトップヘ